【レビュー】ヤクルト『カップdeヤクルト】期間限定発売

シェアする

ヤクルトがヨーグルトになったのか!? このサイト「ヨーグルトな生活」を始めてからは「ヨーグルト」のことが気になり、「新発売のヨーグルト」や「期間限定のヨーグルト」などは、特にきになり、今回も「カップdeヤクルト」があったので、購入してみました。

「食べる乳酸菌飲料」といった感じの「カップdeヤクルト」は、実は2014年に発売されていました。「カップdeヤクルト」は20代から30代の女性向けブランド「三ツ星Factory」の商品として、毎年期間限定商品として発売されています。




ヤクルト『カップdeヤクルト』特徴・効果・価格

【ヤクルト三つ星factory】はヤクルトから生まれた女性プロジェクト

食べるタイプのヤクルト

店頭で「カップdeヤクルト」を見つけた時は、「ヤクルトのヨーグルト版」程度にしか思っていませんでしたが、「濃厚な味わい」と「すっきりした酸味」があり、「単なる食べるヤクルト」ではありません。

ヤクルトと言えば「乳酸菌 シロタ株」が有名ですが、この「カップdeヤクルト」にも、もちろん含まれています。その数なんと1カップに「10億個」も含まれているそうです。

「ヤクルト」の風味が生クリームとマッチし、クリーミーな味わいと、すっきりとした酸味の2つのおいしさが楽しめます。
乳酸菌 シロタ株1個(80g)あたりに10億個含まれています。
カロリーを気にする方でも安心して手に取りやすい100kcal/個です。
※実際にはミントは入っていません。

引用元:ヤクルト公式ホームページカップdeヤクルトより

ヤクルト【三つ星Factory】とは

ヤクルト「三つ星Factory」とは、『ヤクルトから生まれた女性プロジェクト』の名称です。商品開発から販売促進まで。女性ならではの発想で、お客様のニーズに応えます。

女子の「欲しい」には、

女子の「こだわり」

キレイにしてほしい☆

ゲンキにしてほしい☆

ハッピーにしてほしい☆

いろんな「ほしい」をすべてかなえてほしい!

よくばる女子のほしいは、どこまでも。

だから生まれた「三つ星Factory」。

みんなの願いをかなえるためにヤクルト女子がこだわりました。

味に、機能に、見た目にも。

ヤクルトらしくて、ヤクルトらしくない。

そんな新しいアイテムで、あなたのココロもカラダも満たしたい。

三つ星Factoryは、すべての女子の「ほしい」に応えます。

引用元:ヤクルト公式ホームページ「ヤクルト三つ星Factory」より

ヤクルト『カップdeヤクルト』栄養成分表示や原材料

ヤクルト3つ星ファクトリーの期間限定商品

基本情報

  • メーカー:ヤクルト
  • 製品名:カップdeヤクルト
  • 風味:ヤクルト
  • 内容量:80g
  • 価格:115円(税抜)
  • 種別:乳等を主原料とする食品
  • 無脂乳固形分:%
  • 乳脂肪分%

原材料

  • クリーム
  • ぶどう糖果糖液糖
  • 脱脂粉乳
  • 砂糖
  • ゼラチン
  • 寒天
  • はっ酵乳/香料
  • 乳化剤
  • 甘味料(スクラロース)

カップdeヤクルト栄養成分表示

栄養成分表示/1個(80g)あたり

  • エネルギー:100Kcal
  • 炭水化物:11.0g
  • たんぱく質:2.1g
  • ナトリウム(食塩相当):0~00.1g
  • 脂質:5.3g
  • カルシウム59:mg

ヤクルトのヨーグルト記事

ヤクルトと言えば、ヤクルトレディが宅配で届けてくれる「シロタ株」でも有名な小さいサイズの容器に入っている飲むヤクルトがすぐに浮かびます。でも...

ヤクルト『カップdeヤクルト』のレビュー

【カップdeヤクルト」は期間限定商品

カップdeヤクルト』を食べてみての個人的感想は、 まさに「食べるヤクルト」ですが、ヤクルトを飲むより、もっと美味しいです。

この商品「カップdeヤクルト」のターゲットが20代から30代の女性向けとのことですから、確かに「美味しい」し、「カロリーも控えめ」です。そして何よりもパッケージデザインも、なんとなく本来の「ヤクルト」のイメージとは少し違った印象を持ちます。

期間限定商品ではなく、定番商品にしてほしい

今回の「カップdeヤクルト」の発売期間は2018年10月より2019年03月まです。個人的には、お気に入りのヨーグルトの1つになってので、期間限定ではなく、「定番商品」として、いつでも食べたい時に手の入るヨーグルトになってほしい。

今更だけど「カップdeヤクルト」は「カップでヤクルト」にかけているネーミングなんだ。「カップ」「で」食べる「ヤクルト」まるでJALの「そばdeSKY」や「うどんdeSKY」に似た発想だけど、覚えやすいネーミングだ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




SNSフォロー

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク