ヨーグルトの種類は5つに分類できる!効果や効能に違いはあるの?

SNSフォローボタン
ヨーグルト花粉症対策

市販されているだけでも「ヨーグルトの種類」はたくさんありますよね!ヨーグルトの種類によっては「効果」「効能」などの違いもあり、ヨーグルトを選ぶ際にも、どんな種類のヨーグルトなのかを気にしてみるのもよいでしょう。

また、自分の目的(用途)にあったヨーグルトはどんな種類のヨーグルトなのか?考えてみるのもいいでしょう。

  • 整腸効果のあるヨーグルト
  • 便秘解消に役立つヨーグルト
  • 免疫力アップに効くヨーグルト
  • 美肌に一役買うヨーグルト

ヨーグルトは使われている「乳酸菌」によって様々な効果・効能が期待できるヨーグルト。「菌」の種類だけでヨーグルトを分けてしまったら、それこそ何百・何千種類になってしまうことでしょう。

そこで、今回はもっと「大別」したヨーグルトの分類について紹介する「ヨーグルトの読みもの(豆知識)」です。そして、ヨーグルトをたべる際に、「健康のため」「お腹の調子を良くしたい」「デザート・スィーツ」として楽しみたいなど用途・目的に合わせてヨーグルトを分類してみるのもいいかもしれませんね。

この記事を書いている人

どうも!yogurtter(ヨーグルッター)です。


わたしは、ヨーグルトが好きで毎日食べています。

そして、食べたヨーグルト(ドリンクタイプを含む)の記録を当ブログ「ヨーグルトな生活」にて公開しています。

できる限り違う種類のヨーグルトを食べたり、飲んだりしてレビューを中心に更新しています。

目標は500種類のヨーグルトをレビューすることです。

スポンサーリンク

ヨーグルトは5つに分類できる

ヨーグルトの種類って多いですよね!日ごろ食べているヨーグルトを浮かべても、添加物を一切加えず「乳」を「乳酸菌」で発酵させてシンプルな「プレーンヨーグルト」や、イチゴやブルーベリーなどの果汁・果肉の入った「デザート的なヨーグルト」他にも液状タイプの「ドリンクヨーグルト」など「味」や「形状」などでも違いが多くありますね。

栄養食品としても人気のある「ヨーグルト」は「味・おいしさ」「食感」など違いによる種類が豊富です。だから、ヨーグルトを選ぶ時に「どんなヨーグルトを選ぶと良いか?迷ってしまうこともあるでしょう!

しかし、ヨーグルトは大きく分類すると5つのタイプに分けることができます。このことを知っていれば、あなたが食べたいヨーグルトを見つける時の参考になることでしょう。。。

例えば、ヨーグルトを食べる時に「健康」「ダイエット」「低カロリー」などを考えている人には「プレーンヨーグルト」あるいは「おやつや」「デザート」ととしてヨーグルトを食べたい時には「ソフトヨーグルト」がおススメです。

ヨーグルトの5つの分類についてまとめてみました。

一般的にヨーグルトはその形や状態から、大きく分けると以下の5つに分類することができます。

プレーンヨーグルト

【プレーンヨーグルト】とは

砂糖や香料や安定剤(寒天・ゼラチンなど)などの添加物を一切加えずに「乳」を「乳酸菌」で発酵させてだけのシンプルなヨーグルトが「プレーンヨーグルト」と呼ばれるものです。

【プレーンヨーグルト】の特徴

プレーンヨーグルト」は砂糖・甘味料・香料といった添加物や果汁・果肉などが入っていないヨーグルトです。

乳を乳酸菌で発行させただけのシンプルなものだから、ヨーグルトそのものの味を楽しめます。

「風味」などがないため、そのまま食べるだけではなく、果物や野菜と一緒に食べてもいいです。一般的に料理やお菓子作りなどに使われるのはこのタイプです。

ハードヨーグルト

【ハードヨーグルト】とは

「乳」を発酵させて砂糖や香料を加えたものを、「寒天」や「ゼラチン」など「安定剤」を加ええてプリン状に固めたものが「ハードヨーグルト」です。

明治時代に日本で初めて発売されたヨーグルトはこの「ハードヨーグルト」タイプのものです。

しかし、最近では寒天やゼラチンを使わないタイプのハードヨーグルトもあります。

【ハードヨーグルト】の特徴

甘味料・果汁・香料などを加えたものもあります。最近では「寒天」や「ゼラチン」を使わない「ハードヨーグルト」もあります。

どちらかといえば昔ながらの瓶入ヨーグルト。昭和の時代、小学校の給食ででてきたヨーグルトを思い浮かべます。

食感はヨーグルトというよりはプリンや杏仁豆腐に近いかもしれません。ぷるーんとした、プルプル感は個人的には好きです。

ソフトヨーグルト

【ソフトヨーグルト】とは

発酵して固まったプレーンヨーグルトをかき混ぜて、滑らかにして「甘味料」や「果汁・果肉類」を混ぜたものが「ソフトヨーグルト」です。

【ソフトヨーグルト】の特徴

デザート感覚で食べられる人気の「フルーツヨーグルト」はこのタイプです。

ドリンクヨーグルト

一般的に「飲むヨーグルト」と言われる「液状タイプ」のヨーグルトです。ヨーグルトの組織を細かく砕いて液状にしたものです。ドリンクタイプなので「手軽にヨーグルトを摂取」できますね。「乳酸飲料」とは別のものとなります。

【ドリンクヨーグルト】の特徴

ヨーグルトの固形分を砕き、甘味料や果汁を加えて飲みやすくしています。
機能性表示食品ヨーグルトおすすめ
機能性表示食品ヨーグルトおすすめ

フローズンヨーグルト

ヨーグルトに空気を含ませ、「冷凍」したアイスクリーム状のものが「フローズンヨーグルト」です。ヨーグルトは凍結されていますが、「菌」は生きています。アイスクリームより「低カロリー」でさっぱりした味のものが多いです。アイスクリームを食べたいけど、「ダイエット中」「カロリーが気になる」なんて方には「フローズンヨーグルト」はおすすめな「デザート」になります。

※参考「明治ヨーグルトライブラリー/ヨーグルトの基礎知識」より