高たんぱくヨーグルト比較!たんぱく質含有量が1番は多いヨーグルトはこれだ!

SNSフォローボタン
筋トレ・ウエスト

ヨーグルトの中でも「高タンパク質」を売りにしたものをよくみかけます。代表的な高たんぱく質ヨーグルトには、ダノン「オイコス」、森永「ギリシャヨーグルト パルテノ」「明治タンパクト」明治「ザグリーク」などメーカー各社より様々な「高たんぱく質」ヨーグルトが発売されています。これらの中でどれが本当に「高タンパク質なヨーグルト」なのか気になったので調べてみたので結果をご報告いたします。

スポンサーリンク

高たんぱく質なヨーグルトが人気

ヨーグルトは、おなかにいい食べ物。乳酸菌が腸に届き、整腸作用が。。。なんてことは当たり前。今では、ヨーグルトを食べて「高たんぱく質」の摂取もできてしまうものもあるため、「筋トレ」や「ダイエット」志向な人にもヨトヨーグルトは人気のようです。

特に「ギリシャヨーグルト」をはじめ、ヨーグルトの水分量を減らした、まるでチーズのようなヨーグルトが「高タンパク質」を謳うヨーグルトは各社から様々なものが発売されています。

  • ダノン「オイコス」
  • 明治「ザ・グリークヨーグルト」 明治ギリシャヨーグルトタンパクト
  • 森永「ギリシャヨーグルト パルテノ」

このあたりは、スーパーやコンビニなどで一度は目にしたことがある商品ではないでしょうか?

今回はこのほかに当サイト「ヨーグルトな生活」の中でご紹介して生きた「高タンパク質なヨーグルト」の中で、どのブランドの高たんぱくヨーグルトが「タンパク質含有量」ヨーグルトのナンバー・ワンなのか?これが「高タンパク質なヨーグルトNo1」を決めたいと思います。(2020.06.24時点のNo1)




高タンパク質なギリシャヨーグルトが人気の理由

ギリシャヨーグルトの特徴は、何といっても濃厚でクリーミーな食感ではないでしょうか?


ギリシャヨーグルトは、ギリシャ伝統の「水切り製法」でつくり、ヨーグルトに含まれる水分や乳清(ホエー)を除去することにより、一般的なヨーグルトに比べ水分が少なくなり、そして、その分たんぱく質を多く含むヨーグルトになっています。

ギリシャヨーグルトは、一般的なヨーグルトに比べて「たんぱく質」が多く含まれていて、食べごたえもあり、小腹が空いたときにも罪悪感なく食べられます。

だから、ギリシャヨーグルトは美容や健康をにいい食べ物としてヘルシー志向な人たちから人気が広まったのではないでしょうか?

たんぱく質の1日の摂取量は?

たんぱく質は筋肉や臓器などカラダをつくるのに必要な栄養素の1つです。そして、1日に必要なたんぱく質は摂取エネルギーの13-20%が理想だそうです。

たんぱく質の推奨摂取量は成人男性は1日60g、成人女性は1日50gとされているようです。

詳しくは「健康長寿ネット/三大栄養素のたんぱく質の働きと1日の摂取量」をご参照下さい。

たんぱく質は「赤身の肉」や「大豆」や「卵」などからも摂取できますが、「調理」をする手間がかかります。

その点、ヨーグルトなら簡単に食べることができるの日常生活でのたんぱく質摂取には便利です。

しかも、高たんぱくなヨーグルトを選べば、「たんぱく質10g」なってものもあります。高たんぱくなヨーグルトの中でも一番高たんぱくなものを選べば一日のたんぱく質摂取量の6分の1あるいは5分の1が摂取できます。

どのヨーグルトが高たんぱく質なのかみていきましょう。

高タンパク質なヨーグルト厳選6品

今回各メーカーより発売されている主な「高タンパク質」ヨーグルト商品について6ブランドを厳選し比較してみました。各ブランド(シリーズ)については各記事の紹介をご覧ください。

ダノン『オイコス』すべてのスポーツする人へ

高たんぱく質なヨーグルト」は?と聞かれたら真っ先に思い浮かぶのがダノンから発売されている「オイコス(OIKOS)」シリーズと答えてしまうのはわたしだけでしょうか?

定番のオイコス プレーン(砂糖不使用/加糖)やストロベリーやブルーベリーのほかにも、期間限定商品などが発売されています。

ギリシャヨーグルト「ダノンオイコス」の定番商品から季節限定・期間限定商品の実食をまとめた記事「高たんぱく質ヨーグルト【オイコス】人気の秘密と実食レビュー13個まとめ」も御覧ください。

オイコスは「高タンパク」「脂肪ゼロ」「低カロリー」です。特にタンパク質はすべて「10g」以上になっています。

オイコスは「スポーツするすべての人へ!」を謳い、ヨーグルトというよりは、「プロテイン摂取食品」といったイメージが私にはあります。

明治『THE GREEK YOGURT』ギリシャヨーグルトの本流

ギリシャヨーグルトの本流「明治THE GREEK YOGURT ザグリークヨーグルト」の特徴はなんといっても「濃密だけど滑らかな食感」ではないでしょうか?

たんぱく質をぎゅーーと濃縮し、脂肪ゼロだからとてもヘルシー。おいしい、だけじゃない健康的に体作りができる高タンパクなヨーグルト!それが「明治ザグリークヨーグルト」シリーズではないでしょうか?

明治【THE GREEK YOGURT ザ・グリーク・ヨーグルト低糖】は、ギリシャ国伝統の水切り製法で作ったギリシャヨーグルト。ヨーグルトの中でも腹持ちが良さそうなイメージのあるギリシャヨーグルト。カロリーや栄養成分また効果など気になる点をレビュー。

森永『ギリシャヨーグルト パルテノ』日本初のギリシャヨーグルト

2011年9月パルテノは日本で始めてデビューしたギリシャヨーグルトです。パルテノは酸味が少なく風味が豊かなギリシャヨーグルトです。

高たんぱくなヨーグルトですが、濃厚でクリーミーな味わいで、食べていて飽きがこない美味しさです。

森永のパルテノ。話題のギリシャヨーグルトの1つです。『濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』は、ギリシャ伝統の「水切り製法」で時間をかけて作られています。濃厚でクリーミーな味わいは今までのヨーグルトとは違います。低カロリー・高たんぱくなパルテノのレビューです

森永のギリシャヨーグルト「パルテノ」は、定番のプレーンをはじめ、「パルテノキウイソース入り」「パルテノ洋梨ソース入り」など季節限定のフレーバーがあり、味を楽しみながら、たんぱく質が摂取できるヨーグルトです

トップバリュー『ギリシャヨーグルト』まるでオイコス!?

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の「ギリシャヨーグルト」は製造がオイコスでお馴染みのダノンジャパン 館林工場となっています。

「オイコス」と「トップバリュギリシャヨーグルト」を目隠しをして一緒に食べて比べたら、食感の違いはわからないのではないでしょうか?

コスパの良いギリシャヨーグルトならこの「トップバリュギリシャヨーグルト」がオススメです。

イオンのプライベートブランド『トップバリュー』の「ギリシャヨーグルトプレーン」製造はギリシャヨーグルトの中でも人気の「オイコス」を有するダノンジャパン株式会社。だから、基本的には同じような濃厚でクリームチーズのようなヨーグルトです。オイコスと同じような高たんぱく質なヨーグルトが、オイコスより安く購入できるのだから、トップバリューの「ギリシャヨーグルト」シリーズはおススメです。

明治【TANPACTタンパクトヨーグルト】たんぱく質の摂取の新しいカタチ

たんぱく質を摂るための新たなカタチとなる「明治タンパクト」はヨーグルトだけではなく、飲料・お菓子・チーズなど様々な商品展開をしていて、朝食・昼食・夕食・間食と幅広いシーンで「たんぱく質」をちょこちょこ効率よく摂れる、それが「明治タンパクト」シリーズです

明治【TANPACTタンパクトヨーグルト】は、濃厚な脂肪ゼロのヨーグルトにカラダを作るタンパク質とビタミンB6を配合したヨーグルトです。 気軽にタンパク質を摂れるヨーグルト...

明治TANPACTタンパクトヨーグルトは、フレーバーの数は少ないですが、今後様々なフレーバーがでてきたら、、デザート感覚で食べられる高タンパク質ヨーグルトとしての人気が高まる予感がします。

日本ルナ【Isey-SKYRイーセイスキル バニラ】アイスランドの乳製品

高たんぱくなヨーグルトは「ギリシャヨーグルト」だけではありません。日本ルナから発売されれいるアイスランドの乳製品「イーセイスキル」が新たな「高タンパク質」ヨーグルトとして注目されています。

水分があまり感じられず、ヨーグルトというよりチーズに近い食べものです。その重量感・まったり感は「ギリシャヨーグルト」と真っ向勝負できるほどのものです。

果たして「ヨーグルト」と言ってもよいのか?日本ルナから2020年3月31日より全国で発売された「Isey-SKYR(イーセイスキル)」。「美と健康の国」アイスランドで受け継がれて...

個人的にはヘルシー志向な人たちに人気の「オイコス」の良きライバルになるのではないかと思います。価格がちょっと高めな気がするのでその点は課題かな?

たんぱく質含有量一番なヨーグルト比較一覧と結果

各メーカーより発売されている「高タンパク質」なヨーグルトを一覧にまとめてみました。今回「高タンパク質なヨーグルト」のナンバー・ワンを決めるため、パッケージに記載がある栄養成分表示の中で「たんぱく質10g前後」のものを選びました。

商品名(ブランド名/シリーズ)たんぱく質内容量1gあたり
ダノンオイコス12.0g113g0.106g
明治ザグリークヨーグルト10.0g100g0.100g
森永パルテノ09.9g100g0.099g
トップバリューギリシャヨーグルト11.9g100g0.119g
明治TANPACTタンパクト12.0g125g0.096g
日本ルナイーセイスキル13.8g120g0.115g
たんぱく質含有量の多いヨーグルトは?

「たんぱく質」が何g入っているか?だけでみると「イーセイスキル」が「13.8g」とダントツで一番たんぱく質が多く含まれているように見えてしまいます。

しかし、内容量が違うので見た目の数字だけで誤判断してはいけませんね。いちばん大切なのは表の右側に記載の「1gあたり」に換算した数字の比較です。

「高たんぱくなヨーグルト」の順位
  1. トップバリュ「ギリシャヨーグルト」0.119g
  2. 日本ルナ「イーセイスキル」0.115g
  3. ダノン「オイコス」0.106g
  4. 明治「ザグリークヨーグルト」0.100g
  5. 森永「パルテノ」0.099g
  6. 明治「TANPACTタンパクト」0.096g

いかがだったでしょうか?「高タンパク」なヨーグルトはなんと「イオンのトップバリューギリシャヨーグルト」がたんぱく質の含有量1番のヨーグルトでした!!

余談ですが「トップバリューギリシャヨーグルト」はダノンのオイコスと同じ、ダノンジャパンの館林工場で製造されている商品です。

高タンパクなヨーグルトを継続的に摂るなら、この「トップバリュ ギリシャヨーグルト」がオススメです。

たんぱく質の含有量の割合がもっともよく、イオンのプライベート商品なので価格もお手頃。そして、製造はオイコスと同じダノン館林工場。さらに、バニラやさくらんぼなどのフレーバーもまり様々なバリエーションの高たんぱくなヨーグルトが楽しめます。

イオンのプライベートブランド『トップバリュー』のギリシャヨーグルトがお気に入りです。製造はギリシャヨーグルトの中でも人気の「オイコス」を有するダノンジャパン株式会社。だから、基本的には同じような濃厚でクリームチーズのようなヨーグルトですが、「お値段」「フレーバー」の面でトップバリューに軍配が上がりお気に入りです。

ヨーグルトで気軽にタンパク質摂取

今やヨーグルトは、整腸効果だけではなく、気軽にタンパク質を摂取できる食べ物としての役割もあるようです。

今後も各メーカーから「高タンパク質なヨーグルト」が発売されてくることでしょう。将来的にはタンパク質含有量15g以上いや20gなんていう高タンパク質ヨーグルトがでてくるかもしれませんね。