ダノン【オイコス高たんぱく質マンゴーココナッツ】スポーツする人にうれしい理由とは?

オイコスマンゴーココナッツ ダノン
オイコスマンゴーココナッツ

ダノンオイコス」シリーズは、2020年4月「タンパク質が10g以上」になってリニューアルされました。「カラダを動かす全ての人々を応援します!」との言葉通り、今回ご紹介する「オイコス高タンパク質マンゴーココナッツ」には、スポーツをする人には、不足がちな「塩分」を補えるように、「塩」を含めているの点はうれしいですね。

この記事を書いている人

どうも!yogurtter(ヨーグルッター)です。


わたしは、ヨーグルトが好きで毎日食べています。

そして、食べたヨーグルト(ドリンクタイプを含む)の記録を当ブログ「ヨーグルトな生活」にて公開しています。

できる限り違う種類のヨーグルトを食べたり、飲んだりしてレビューを中心に更新しています。

目標は500種類のヨーグルトをレビューすることです。

ヨーグルトレビューNo.185「ダノン オイコス高たんぱく質マンゴーココナッツ」

『オイコスマンゴーココナツ』特徴・効果・価格

オイコスマンゴーココナッツ
オイコスマンゴーココナッツ

オイコスマンゴココナッツ定番商品になり何が変わったのか

2020年4月にオイコスシリーズの定番商品に加わった「オイコスマンゴーココナッツ」は、2019年4月に「ダノンオイコス脂肪ゼロマンゴーココナツ」として、季節限定・期間限定商品として発売されていたものとは、何が違うのでしょうか?ちょっと比較してみましょう。

オイコスマンゴーココナツの比較一覧

オイコスマンゴーココナッツ2020年発売商品2019年発売商品
無脂乳固形分:12.5%12.5%
乳脂肪分:0.2%0.2%
栄養成分表示
エネルギー:92Kcal93Kcal
たんぱく質:10.2g9.6g
脂質:0g0g
炭水化物:11.9g12.6g
食塩相当量:0.2g0.2g
カルシウム:124mg120mg
原材料乳製品
砂糖
マンゴー
ココナッツミルク
食塩
増粘剤
加工でん粉
増粘多糖類
酸味料
香料
クエン酸カルシウム
乳製品
砂糖
マンゴー
ココナッツミルク
食塩
増粘剤
加工でん粉
増粘多糖類
酸味料
香料
クエン酸カルシウム
国産
ハワイ産
ディープソルト
「塩」だけは2019年のオイコスマンゴーココナッツが良かった

『オイコスマンゴーココナツ』概要と栄養成分表示と原材料

ダノン【OIKOSオイコスマンゴーココナッツ】
ダノン【OIKOSオイコスマンゴーココナッツ】

オイコスマンゴーココナッツ概要

  • 製品名:ダノンオイコス高タンパク質マンゴーココナッツ
  • 風味:マンゴー
  • 内容量:113g
  • 価格:158円(税抜)
  • 製造者:ダノンジャパ(株)館林工場
  • 種別:発酵乳
  • 無脂乳固形分:12.5%
  • 乳脂肪分:0.2%

オイコスマンゴーココナッツ原材料

  • 乳製品
  • 砂糖
  • マンゴー(果肉、ピューレ)
  • ココナッツミルク
  • 食塩/増粘剤(加工でんぷん、増粘多糖類)
  • 酸味料
  • 香料
  • クエン酸カルシウム
  • (一部に乳成分を含む)
オイコスマンゴーココナッツ栄養成分表示
オイコスマンゴーココナッツ栄養成分表示

栄養成分表示/1個(113g)あたり

  • エネルギー:92Kcal
  • たんぱく質:10.2g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:11.9g
  • 食塩相当量:0.2g
  • カルシウム:124mg

ダノン『オイコス脂肪ゼロマンゴーココナッツ』のレビュー

オイコスマンゴーココナッツのレビュー
オイコスマンゴーココナッツのレビュー

ダノン『オイコス マンゴーココナッツ』を実際に食べてみての感想と評価をしてみよう。

前回季節限定・期間限定発売されていた「オイコスソルティサーマーマンゴーココナッツ」でも書きましたが「マンゴーソース」の味と香りが物足りなかった点は、特に改善された様子は感じられませんでした。

やはり、スポーツをする人を意識した商品だけに、「マンゴーの芳醇な香り」や「甘さ」などは不要なのかもしれません。

ただし、同じようにスポーツをする人を意識した商品であり、うれしい点であるはずの「塩分」はあまり感じられませんでした。

また、デザート系のヨーグルトではないので、これも関係ないことかもしれませんが、ひとつ気になる点があります。それはオイコスの「ソースの色が同じように見える」点です。

OIKOSゴールデンパイナップルのレビュー
OIKOSゴールデンパイナップルのレビュー
オイコスバナナのレビュー
オイコスバナナのレビュー

食べたものが「黄色系」が続いたからかもしれませんが、見た目だけではどれも同じで楽しさがない気がします。

オイコスには「デザート系ヨーグルト」の要素は求めず、「オイコス プレーン」を中心に「加糖」と「砂糖不使用」あたりを食べるのが本来の「スポースをする人へ」に向いているのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました