明治ブルガリアヨーグルト脂肪ゼロりんご&白桃+食物繊維!食物繊維も一緒に摂れるヨーグルトのお味は?

SNSフォローボタン

明治ブルガリアヨーグルトといえば、ヨーグルト界のレジェンド的存在ではないでしょうか?長年親しまれれいる明治ブルガリアヨーグルトは様々なキャンペーンを展開していたり、「明治ブルガリアヨーグルトの日」があったり、明治ブルガリアヨーグルトの誕生秘話・きっかけなど話題も多いヨーグルトです。

今回は明治ブルガリアヨーグルト脂肪ゼロりんご&白桃+食物繊維のご紹介です。

この記事を書いている人

どうも!yogurtter(ヨーグルッター)です。


わたしは、ヨーグルトが好きで毎日食べています。

そして、食べたヨーグルト(ドリンクタイプを含む)の記録を当ブログ「ヨーグルトな生活」にて公開しています。

できる限り、違う種類のヨーグルトを食べ、レビューを中心に更新しています。

目標は500種類のヨーグルトをレビューすることです。

ヨーグルトレビューNo.016「明治ブルガリアヨーグルト脂肪ゼロりんご&白桃+食物繊維」

スポンサーリンク

明治ブルガリアヨーグルト誕生秘話きっかは?

ヨーグルトといえば、耳にメロディーが浮かぶCM、「明治ブルガリアヨーグルト♪」がすぐに思いつきます。「昭和生まれ」には同意見の方も多いのではないでしょうか?

さて、この明治のロングセラーヨーグルトである、「明治ブルガリアヨーグルト」の誕生秘話、つくられるきっかけとなったのは、1970年に開催された大阪万博の「ブルガリア館」にて、明治スタッフが本場のヨーグルトを試食したことが明治ブルガリアヨーグルト開発のきっかけとなった話は有名?それとも意外と知られていないのかな?

詳しくは明治ブルガリアヨーグルト倶楽部「明治ブルガリアヨーグルト誕生」にてご確認ください

1971年に「明治プレーンヨーグルト」が発売され、1973年には「明治ブルガリアヨーグルト」に名称を変更しています。

明治ブルガリアヨーグルト」は青色のパッケージの真っ白な「プレーン」ヨーグルトしかなかたような気がします。

それが、今では「りんご&白桃」といった風味や果肉入り、そして「脂肪ゼロ」や「食物繊維」までがパッケージに記載されている、フルーツフレーバーのラインナップまであるヨーグルトになっています。

健康志向が高まり、カロリーやダイエットなどのことを考慮したヨーグルトでないとうれないのかもしれませんね。

明治ブルガリアヨーグルト『脂肪ゼロりんご&白桃+食物繊維』の特徴や効果

f:id:yogurtter:20181010203237j:plain

明治ブルガリアヨーグルト『脂肪ゼロりんご&白桃+食物繊維』は、特徴はフルーツの美味しさを引き立てる、さっぱりした風味のヨーグルトに、りんごと皮ごとりんごピューレ、白桃を組み合わせ、食物繊維を配合してある点です。

『明治ブルガリアヨーグルト脂肪ゼロりんご&白桃+食物繊維』に限った効果ではありませんが、一般的にヨーグルトを食べる効果としては、「腸内環境を整える」ことや「便秘の解消」などがあげられます。

それらにプラスしてこの「明治ブルガリアヨーグルト脂肪ゼロりんご&白桃+食物繊維」は、フルーツの美味しさが味わえる「デザート」としての一面もあり、”ダイエットは気になるけど、甘いデザートはちょっ躊躇してしまう”方にお勧めなデザート要素のあるヨーグルトになっています。

『明治ブルガリアヨーグルト脂肪ゼロりんご&白桃+食物繊維』の栄養成分表示や原材料

f:id:yogurtter:20181010203259j:plain

基本情報

  • メーカー:株式会社明治
  • 製品名:明治ブルガリアヨーグルト脂肪ゼロりんご&白桃+食物繊維
  • 風味:りんご、白桃
  • 内容量:180g
  • 種別:発酵乳
  • 無脂乳固形分:9.7%
  • 乳脂肪分:0.2%

原材料

  • 乳製品
  • 砂糖
  • 果肉(りんご、もも)
  • 難消化性デキストリン
  • りんごピューレ
  • りんご果汁
  • 乳たんぱく質
  • ゼラチン/加工デンプン
  • 増粘多糖類
  • 酸味料
  • 香料
  • 甘味料(ステビア)

栄養成分表示/1個(180g)あたり

写真(成分)

  • エネルギー:113Kcal
  • 炭水化物:22.4g
  • たんぱく質:7.7g
  • ナトリウム:0.23g
  • 脂質:0g
  • カルシウム:228mg
  • 糖質:20.0g
  • 食物繊維:1.8-3.0g

明治ブルガリアヨーグルト『脂肪ゼロりんご+白桃+食物繊維』のレビュー

このヨーグルトを食べてみての個人的感想は、やはり商品名でも「りんご」が「白桃」より前に位置するだけに、お味も「りんご」の方が強く感じられます。フルーツとしてはりんごよりも桃の方が個人的には好きです。

でも、りんごの爽やかさとリンゴピューレが入っていることにより、食感としてのアクセントにもなり、180gの容量でも飽きを感じることなく完食できます。