ダノン【オイコス脂肪ゼロバナナ】期間限定製品

シェアする

ダノン【オイコス・バナナ】

ダノンオイコスといえば、「高タンパク質で体を動かす人々を応援する “カラダ動かす、ジブン追い越す“ 水切りヨーグルト」として、ダイエットや筋トレに励んでいる方や関心のある方には、注目されているプロテイン(タンパク質)が気軽に摂取できるヨーグルトです。

今回は高タンパク質だから、プロテインが気軽に摂取できるヨーグルトとして人気のダノンオイコスの期間限定製品として2019年冬に発売された「オイコス脂肪ゼロバナナ」についての記事です。




ダノン『オイコスOIKOSバナナ』特徴・効果・価格

ダノン【オイコスoikosバナナ】
ダノン【オイコスoikosバナナ】

高タンパク質なヨーグルト

「ダノンオイコス バナナ」は、タンパク質含有量9.6g※1で脂肪ゼロ、100kcal未満の濃密な味わいを楽しめる水切りヨーグルトです。この「ダノンオイコス」の冬の季節限定製品として選んだフレーバーはバナナ。効率の良いエネルギー源として、またカリウムなどの運動で失われるミネラルなどの良い供給源としてよく知られている、ランナーに人気のフルーツです。「ダノンオイコス バナナ」は、おいしく、手軽に効率よく、良質なタンパク質を摂取したいという、カラダを動かす人々を応援するヨーグルトです。すべてのランナーを、おいしく、楽しく、サポートします。

引用元:ダノン公式サイト「おしらせ/「ダノンオイコス 脂肪0(ゼロ) バナナ」より

ダノンオイコスは、腸の調子を整える「乳酸菌」が活躍するヨーグルトや、果肉がゴロゴロ入ったデザート系のヨーグルトとは一線を画するヨーグルトです。いやもはやヨーグルトというよりは、他のヨーグルトに比べ、高タンパク質なため「筋トレ」や「ダイエット」に関心のある方向けのサプリメントといった印象が強い食品ですね。

オイコスの期間限定製品

ダノンオイコスシリーズでは、定番の「オイコスプレーン」「オイコスストロベリー」「オイコスブルベリー」などフレーバーのほかにも、今回のように季節限定製品として「オイコスバナナ」、「オイコスゴールデンパイナップル」、「オイコスドラゴンフルーツ」おして、バレンタインデーの時期には「オイコスカカオ&ベリー味」なんていう変わり種製品も期間限定で発売されていました。




ダノン『オイコスバナナ』概要と栄養成分表示と原材料

ダノン【オイコスバナナ】概要
ダノン【オイコスバナナ】概要

【ダノン】オイコスバナナ概要

  • 製品名:ダノンオイコス脂肪ゼロバナナ
  • 風味:バナナ
  • 内容量:110g
  • 価格:円(税抜)
  • 製造者:ダノンジャパン(株)館林工場
  • 種別:発酵乳
  • 無脂乳固形分:12.5%
  • 乳脂肪分:0.2%
ダノン「オイコス」は、2020年4月に、「たんぱく質10g以上」になってリニュアルされました。2019年4月に現在の黒を基調としたちょっと...

オイコスoikosバナナ原材料

  • 乳製品
  • 糖類
  • バナナピューレ
  • レモンピールペースト
  • 増粘剤
  • 酸味料
  • 香料
  • クエン酸カルシウ

栄養成分表示/1個(110g)あたり

  • エネルギー:92Kcal
  • たんぱく質:9.6g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:12.9g
  • 食塩相当量:0.1g
  • カルシウム:120mg



ダノン『オイコスバナナ』のレビュー

オイコスバナナのレビュー
オイコスバナナのレビュー

ダノン『オイコス脂肪ゼロバナナ』を実際に食べてみての感想と評価をしてみよう。

ダノン「オイコス」では、様々なフレーバーがありますが、プレーン以外のものはカップの下部にソースが入っています。だから上部のヨーグルトに関しては、毎回同じような感想になっていましますが、やはり「重量感あるヨーグルト」というインパクトは毎回思います。水切り製法でつくられているからでしょうか、余分な水分がなく、スプーンでヨーグルトをすくったときに感じるモッタリした手応えは、「重量級ヨーグルト」です。

そして、カップ下部からのぞく色は「バナナ」から連想する「真っ黄色」ではなく、見た目は「グレープフルーツ味」ではないかと錯覚してしまいそうな色合いです。

オイコスバナナのお味といえば、「バナナ」感は思ったほどありませんでした。よく健康志向な方のヨーグルトの食べ方の1つに「プレーンヨーグルト」に「カットしたバナナ」を加えて食べることがあるようですが、たぶん本物のバナナを入れて食べたほうが満足感は高いと思います。

正直、今回の「オイコスバナナ」は、私自身も実体験として「プレーンヨーグルト&バナナ(本物)」を食べたことがあり、その時の独特な「バナナの風味」を味覚として覚えているので、それと比べてしまうと「バナナ感(風味)」に物足りなさを感じました。

いりろな種類のフレーバーが楽しめるオイコスには定番も含め、今後の季節限定製品も楽しみにしたいと思います。

個人的には「オイコス脂肪ゼロストロベリー」が好きですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




SNSフォロー

シェアする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク