ダノン【OIKOSゴールデンパイナップル】高タンパク質ヨーグルトの期間限定品

オイコス・パイン

ダノン【オイコス】シリーズは、タンパク質が気軽にとれるとして人気のギリシャヨーグルトです。そのオイコスシリーズより2020年春の限定製品として、「オイコス・ゴールデンパイナップル」が発売されました。

オイコス・ゴールデンパイナップル」はオイコスのブランドアンバサダーを務めるプロクライマーの「野中生萌」選手とのコラボ商品の第2弾となります。

この記事を書いている人

どうも!yogurtter(ヨーグルッター)です。


わたしは、ヨーグルトが好きで毎日食べています。

そして、食べたヨーグルト(ドリンクタイプを含む)の記録を当ブログ「ヨーグルトな生活」にて公開しています。

できる限り違う種類のヨーグルトを食べたり、飲んだりしてレビューを中心に更新しています。

目標は500種類のヨーグルトをレビューすることです。

ヨーグルトレビューNo.175「ダノンOIKOS オイコス ゴールデンパイナップル」

ダノン『オイコスゴールデンパイナップル』特徴・効果・価格

OIKOSパイン
OIKOSパイン
高タンパク質ヨーグルトで有名なダノン【オイコス】シリーズより、期間限定商品として「オイコスレッドドラゴンフルーツ」が2019年8月19日より発売されました。オイコスブランドアンバサーとしてプロクライマー野中生萌選手とのコラボ商品。それが「オイコスレッドドラゴンフルーツ」です。ヨーグルトと「苺」や「ブルーベリー」「もも」「パイン」などといったフルーツの組み合わせは多いけど「ドラゴンフルーツ」は珍しい。果たしてお味はいかがかな?
野中生萌選手とのコラボ第1弾「オイコス・ドラゴンフルーツ」

タンパク質が気軽にとれるヨーグルト

ダノン「オイコスOIKOS」シリーズは、2019年4月1日より「タンパク質で人々を応援するブランド」としてリニューアルされました。「高タンパク質」、「脂肪ゼロ」、「100kcal未満」の水切りヨーグルトとして人気の「オイコス」の基本は同じですが、「パッケージデザイン」を「黒」を基調としたものに変え、より一層スポーティな印象をあたえ、「たんぱく質」摂取を心がけている方には気軽に食べられるおすすなヨーグルトです。

プロクライマー「野中生萌」とは?

プロクライマーの野中生萌(のなか みほう)選手とは。。。

OIKOSアンバサダー野中生萌
OIKOSブランド・アンバサダー野中生萌

世界のトップレベルで活躍するスポーツクライミング選手。16歳で初めて日本代表入りし、数々の国際大会で優勝をおさめる。
負けず嫌いな性格と繊細かつダイナミックなムーブが持ち味。「ただ強いクライマーになること」を目標に、日々、ジブンを追い越すために奮闘中。目指すは世界の頂点。

引用元:オイコスホームページより

東京オリンピックで銀メダル獲得

野中生萌選手は、2021年にコロナ禍で開催された東京オリンピック2020より新種目として採用された競技「スポーツクライミング 女子複合」で見事に銀メダルを獲得されました。

なぜ?野中生萌選手とのコラボ商品が「パイナップル」なのか?

オイコスのブランドアンバサダーである、プロクライマー野中生萌(のなか みほう)選手とのコラボレーション商品の第1弾は「ドラゴンフルーツ」でした。

この時も「なぜ?ドラゴンフルーツなのか?」気になりましたが、調べてみるときちんとした理由がありました。

それは、「ドラゴンフルーツ」の「ドラゴン」は「空を登る」そして「野中生萌」選手は「クライマー」だから「山・岩を登る」とどちらも「登る」「上昇」イメージが共通しているので、コラボ商品の第1弾として「ドラゴンフルーツ」が選ばれたそうです。

では、オイコスと野中選手のコラボ商品が「オイコス・ゴールデンパイナップル」になったか?

理由はなんと、野中選手の好きな味が「パイン」だったからです。

野中選手の好きなパイナップル味を開発しました。

引用元:https://www.danone.co.jp/news/detail.php?id=239

パイナップルは、ビタミンB1や食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているフルーツだから、スポーツなどに欠かせないため、プロクライマーの野中生萌選手とのコラボ第2弾としても、関連性があるような気がします。

高タンパク質ヨーグルトと言えば、ダノン「オイコス」は人気商品の1つです。オイコスは2020年4月に「たんぱく質10g以上」になってリニュアルされました。2019年4月に現在の黒を...

『オイコスゴールデンパイナップル』概要と栄養成分表示と原材料

oikosゴールデンパイナップル
oikosゴールデンパイナップル

オイコスゴールデンパイナップル概要

  • 販売者:ダノンジャパン
  • 製品名:オイコスゴールデンパイナップル
  • 風味:パイン
  • 内容量:110g
  • 価格:円(税抜)
  • 製造者:ダノンジャパン㈱館林工場
  • 種別:発酵乳
  • 無脂乳固形分:12.5%
  • 乳脂肪分:0.2%

原材料

  • 乳製品
  • 砂糖
  • パイナップル果肉・果汁
  • キャロットエキス/増粘剤(加工でんぷん、増粘多糖類)
  • 酸味料
  • 香料
  • クエン酸カルシウム(一部に乳製品を含む)
【オイコス・ゴールデンパイナップル】栄養成分表示
【オイコス・ゴールデンパイナップル】栄養成分表示

栄養成分表示/1個(110g)あたり

  • エネルギー:93Kcal
  • たんぱく質:9.6g
  • 脂質:g0
  • 炭水化物:13.3g
  • 食塩相当量:0.2g
  • カルシウム:120mg

ダノン『OIKOSゴールデンパイナップル』のレビュー

OIKOSゴールデンパイナップルのレビュー
OIKOSゴールデンパイナップルのレビュー

オイコス『ゴールデンパイナップル』を実際に食べてみての感想と評価をしてみよう。

カップの蓋をあけると、オイコスの象徴とも言える、白くまったりした感じの水切りヨーグルトが現れます。そして、カップの下層部分から「ゴールデンパイナップル」のソースが出現。ただし、見た目は黄色なので「レモン」と言われれば、「レモン」と思ってしまうかもしれません。

そして、お味はパイナップルの爽やかな酸味とほのかな甘味が感じられるフレーバーに仕上がっています。

もちろん、パイナップルの果肉も小粒ですが、しっかりと入っています。やはり果肉入りのヨーグルトは、食感も楽しめるのいいですね。そして、このパイナップルの果肉自体が、とても美味しい!

正直、前回の野中選手とのコラボ商品「オイコス・ドラゴンフルーツ」より野中選手が好きな味として開発された「オイコス・ゴールデンパイナップル」の方が、私には美味しくてよかったです。

ヨーグルトメーカーIYM-013があれば簡単ヨーグルト作り

市販のヨーグルトを300種類以上食べてきましたが、オリジナルヨーグルト作りにチャレンジしてみたくなり、2021年9月にヨーグルトメーカーを購入しました。

最近、自家製ヨーグルト作りがマイブームになっています。

今後作ってみたいヨーグルト(飲むヨーグルト含む)    
  • 森永ギリシャヨーグルトパルテノ(21.09.22済)
  • 明治プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプ(21.09.23済)
  • 明治プロビオヨーグルトR-1
  • 明治プロビオヨーグルトLG21
  • 明治タンパクトギリシャヨーグルト
  • 雪印メグミルク恵ガセリ菌ヨーグルト

シェアする